ソヤブログ - soyablog  -

大豆イソフラボンの動脈硬化予防効果が期待できるのはどんな人?

time 2017/12/26


女性の健康に欠かせない女性ホルモンに似た働きを持つ「大豆イソフラボン」には善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化の予防効果が期待されています。

最近、健康な日本人男性を対象にアメリカのピッツバーグ大学と滋賀医科大学が共同で行った研究で、この大豆イソフラボンの動脈硬化予防効果はある「特徴」を持つ人で最も高いと考えられることが分かりました。

腸内細菌の働きでつくられる「エクオール」とは

研究者たちは今回、大豆イソフラボンから腸内細菌の作用でつくられる「エクオール」と呼ばれる代謝産物に注目しました。これまでの研究で、大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きを発揮するには、腸内細菌によってイソフラボンをエクオールに変化させる必要があることが分かっています。

そこで、この研究では、心筋梗塞や脳卒中を起こしたことがない40~49歳の健康な日本人男性272人を対象に、大豆イソフラボンとエクオールの血中濃度を測定し、CT検査で調べた心臓の血管の動脈硬化との関係を調べました。

その結果、意外にも大豆イソフラボンの血中濃度そのものは、心臓の血管の動脈硬化が進む危険性には大きく影響しないことが分かりました。

エクオールをつくれる人は動脈硬化が進みにくい

そこで男性を、エクオールをつくれる人(エクオールの血中濃度が83nmol/L以上)とつくれない人(83nmol/L未満)に分けて比べたところ、エクオールをつくれる人ではつくれない人と比べて心臓の血管の動脈硬化が進みにくく、その危険性は10分の1程度になることも分かりました。

これらの結果から、大豆イソフラボンが動脈硬化予防効果を発揮するには、「エクオール」という代謝産物を沢山つくれる腸内細菌を持っているかどうかが重要な鍵となる可能性が示されました。

 欧米に比べて大豆の摂取量が比較的多い日本人や中国人はエクオールをつくれる人も多いことが報告されていますが、今回の研究ではエクオールをつくれた男性は16%に過ぎなかったそうです。なお、エクオールがつくれるかどうかは、病院などで尿検査により調べることができるようです。(HealthDay News 2017年5月29日)

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:https://www.cambridge.org/core/journals/british-journal-of-nutrition/article/significant-inverse-association-of-equolproducer-status-with-coronary-artery-calcification-but-not-dietary-isoflavones-in-healthy-japanese-men/1FF867A997A2128F475C7BDD6DDCB542

プレスリリース:https://www.shiga-med.ac.jp/sites/default/files/2017-05/%E5%A4%A7%E8%B1%86%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%B3%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E7%89%A9%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%88equol%EF%BC%89%E3%81%AF%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E6%80%A7%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96%E3%81%A8%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%99%E3%82%8B.pdf

※本情報は、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しております。
※本情報は著作権法により保護されており、個人的な利用以外の目的に使用すること等は禁止されていますのでご注意ください。


運営者情報

  • ◎不二製油 ソヤファームクラブ
  • http://www.soyafarm.com/
  • ◎不二製油 ソヤファームクラブとは
  • http://www.soyafarm.com/concept
  • ◎運営者情報と運営ポリシー
  •