ソヤブログ - 大豆のプロが教えるマメ知識-

グループ会社紹介 -神戸プリンのトーラク株式会社- 【ソヤブログ番外編】

time 2016/12/09


突然ですがみなさん、プリンはお好きですか?
私はプリンが大好きです。

今回のソヤブログは番外編として不二製油のグループ会社を紹介したいと思います。まず神戸に拠を構えるトーラク株式会社と、神戸の有名スイーツ「神戸プリン」についてご紹介します。

神戸プリンは神戸の代表的なお土産として、有名ですよね。

トーラクの社員さんにインタビューして入手した秘話もありますので、最後までお読みくださいね。

まずは神戸プリンについてご紹介

神戸プリンの美味しさの秘訣

この記事をお読みの皆さま、神戸プリンを食べたことがありますか?

私はあの味が大好きで何度もリピートしているのですが、クセになるほどよい甘さとさっぱりとしたあとくちでペロッと食べてしまいます。

どうしてこんなおいしいプリンができるんだろう……。とってもに気になる!ということで、専門家であるトーラクの社員さんに美味しさの秘訣を教えてもらいました!

ー どうして神戸プリンはこんなおいしいのですか? -

神戸プリンは、カスタードプディングですので味の決め手は何と言っても新鮮な「卵」です。

採れたての新鮮な全卵と卵黄、生クリームを主体にした乳製品類、そして柑橘系のリキュールとの微妙なバランスが、あの独特の味を生み出したのです。

さらに美味しさを醸し出す蒸し条件へのこだわり、多くのこだわりが懐かしい美味しさを生み出しているのです。

神戸プリンが生まれたきっかけ

神戸プリンが発売されたのは1993年。

洋菓子の街「神戸」に意外と無かったお土産を創ろう!とトーラクの中でプロジェクトチームが誕生したそうです。

発売当時、すでに焼きプリンが大ヒットしており、プリンのトーラクとして愛されていたこと、また日本のプリンの発祥は、神戸の居留地のご婦人方から広がっていたカスタードプディングであるとの調査より、
神戸のお土産=【神戸プリン】とすると決定するのに時間は要さなかったとか。

「懐かしさと美味しさを持った神戸プリンで楽しい会話」がコンセプトに、パッケージデザインを含めたプレゼント感覚のお土産としての商品開発がスタートしたそうです。

デザインについて

パッケージは、神戸の歴史と技が詰め込まれた「神戸プリン」にマッチするよう、異国情緒あふれるどこか懐かしいデザインになっています。そして、神戸プリンのトレードマークともいえる、ロイヤルグリーンに赤い紐を組合せた、あの手提げ袋です。この手提げ袋も神戸プリンのヒットを支えた要因の1つと言っても過言ではありません。

発売当時、トリコロールの手提げ袋が若い女性に受けているとの調査より、神戸プリン用の手提げ袋を、発売当初に限定1万個だけお付けしたのですが、思いもかけず、袋も大人気に!

そこで、1万個限定用ではなく、手提げ袋も定番になったとのことです。

そんなパッケージへのこだわりも多くのファンの皆様からご支持をいただいて、神戸を代表するお土産として定着しているんですね。

シリーズについて

神戸プリンのシリーズについて、ご紹介します。

定番

まずは、定番の神戸プリンについてご紹介します!

卵、生クリームなどの乳製品、砂糖とシンプルの素材の組み合わせに、味のポイントとなる柑橘系リキュールをプラス。
こだわりの製法で実現したなめらかな口どけ、優しい甘さ、そしてコクがありながら後味にほんのり広がる柑橘系のさわやかな風味がたまりません。
別添の特製カラメルソースがさらにおいしさを引き出します。
引用:http://www.kobepudding.com/products/standard/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3-6%E5%80%8B%E5%85%A5/

大人の神戸プリン

続いては「神戸プリン」生誕20周年を記念して期間限定商品として販売された、大人の神戸プリン。

ブランデーの定番「レミーマルタン」入り。ブランデーは、プリンそのものにも、カラメルソースにも入っており、ダブルで大人な味わいです。
マダガスカル産バニラビーンズ入りの特製ソースをかけて食べると、さらに優雅な味わいに。まさに、デザート通の大人のための、神戸プリンです。
引用http://www.kobepudding.com/products/standard/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%AE%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3-4%E5%80%8B%E5%85%A5-3/

※洋酒が原料に使われているので、お子様やお酒の弱い方はご注意くださいね。

神戸プリン プレミアム

「神戸プリン プレミアム」は、発売以来守り続けている神戸プリンのレシピを活かしながら、柑橘系の風味や味わいをさらに深めた濃厚でなめらなか口あたりのプリンです。
兵庫県産ジャージー牛乳と兵庫県産の卵を使用で、地元の素材にこだわっています。
製造日より21日の賞味期限、要冷蔵の商品なんです。まさにプレミアム!
プリンのみの味を味わい、その後お好みに合わせてカラメルソースをかけて、感動の美味しさを楽しんでみてください。

さまざまな味の神戸プリン

定番以外にも、さまざまな味が楽しめます。いくつかご紹介します。

●神戸プリン 甘熟いちご 

冬春限定商品です。
口に入れると、ふわっと広がるいちごの香り、プリンのコクの中に、熟したいちごのような豊かな甘みと酸味を感じられます。
素材感が残ったいちごソースをかけることで、さらにいちご感を楽しめます。

●にしむら珈琲店と作った珈琲プリン

神戸開港150年を記念して作った、コーヒー文化発祥の地「神戸」ならではの商品。
1948年の開業時から続けている”にしむら珈琲店”で焙煎・ブレンドされたコーヒー豆を使っています。
コーヒーの深いコクと香りを残しつつ、ほどよい甘さとミルク感があって親しみやすい味わいに仕上げました。コーヒー好きな方にもおすすめできますね。

●神戸プリン 渋皮マロン

渋皮マロンペーストを使用。香り豊かな渋皮栗の素材感を残しながら、ほど良い甘味の上品な味わいと特徴のプリンです。もちろん、神戸プリンの特徴である絹のようななめらかな食感を楽しめます。また、マロンと相性の良い洋酒ラムマローネが醸し出す、ふわっと広がる後味の余韻も楽しめます。

●神戸プリン 抹茶

待望の「抹茶」が登場しました。宇治抹茶を使用した奥深い抹茶の味わい、絹のようななめらかな食感、隠し味の柑橘リキュールも配合。
カラメルソースには抹茶に合うよう、黒みつの風味がほんのり。神戸プリンならではの「抹茶」を楽しめます。

モンドセレクション 最高金賞受賞

「神戸プリン」は、モンドセレクションにて、なんと4年連続最高金賞を受賞しています。2016年5月にハンガリーのブタペストで開催されたモンドセレクション授賞式にも参加しています。

神戸の代表的なお土産、「神戸プリン」、テレビでも何度か紹介されています♪

皆さんご存知の人気テレビ番組「モヤモヤさまぁ~ず」でも、紹介されました。

さまぁ~ずのお二人に神戸プリンプレミアムを食べていただきました。

どこで売っているの?

神戸プリンは、神戸周辺の主要駅や空港・サービスエリアの売店、みやげ店などでお買い求めいただけます。

オンラインショップ

グループ会社の不二製油株式会社「ソヤファームクラブ」が担当しています。

オンラインショップでは、厳選した商品のみの販売となります。詳しくはこちらからご覧ください。
ソヤファームクラブ神戸プリンオンラインショップ

トーラク株式会社について

トーラク株式会社は、1967年2月27日に創業し、2016年現在兵庫県神戸市東灘区に本社を置く洋菓子メーカーです。

神戸プリンが有名ですが1991年に「らくらくホイップ」、2000年に「神戸シェフクラブ」シリーズを販売するなど様々な洋菓子を製造販売しています。

またトーラクのコーポ―レートメッセージは「おいしい夢を神戸からー」です。

トーラクの本社がある神戸は、世界に開かれた港町として、いつの時代も新しい商品や流行を発信し続けてきました。

その神戸に本社を置く洋菓子メーカーとして、斬新で他にはないこだわりのおいしさを全国にお届けしたいという想いがこのメッセージには込められています。

所在地

2016年現在、本社は兵庫県神戸市東灘区に六甲アイランドにあり、最寄駅は、六甲ライナーのアイランドセンター駅です。

六甲アイランドは神戸港内にある人工島で、島は3つのエリアに分かれています。「向洋町中」が住宅街となっていて、向洋町の東エリア・西エリアには工場などが多くあります。
また、住宅街の向洋町中は、島の中心を通る六甲ライナーより西の住宅地がウエストコート、東の住宅地がイーストコートという名前で分けられています。

神戸プリンバス

神戸で出会えるかも?
トーラクの従業員さんが利用する、その名も「神戸プリンバス」。

トレードマークの手提袋の色と同じく、赤と緑が使われたレトロなバスです。見かけたら、神戸プリンを思い出してくださいね。

口コミ

ツイッター

まとめ

今回は、ちょっと詳しく神戸プリンを紹介させていただきました。

書いているうちに、プリンが食べたくなってきました!

カラメルソースが恋しくなってきました。

みなさまもぜひ一度、神戸の代表的なスイーツ、神戸プリンを一度試してみてくださいね☆


運営者情報

  • ◎不二製油 ソヤファームクラブ
  • http://www.soyafarm.com/
  • ◎不二製油 ソヤファームクラブとは
  • http://www.soyafarm.com/concept
  • ◎運営者情報と運営ポリシー
  •